ポリエステル断熱材とメープルフローリング

現場での大工さんの作業は壁と天井の断熱工事が終わり、天井下地ボードの施工を行なっています。

断熱材はポリエステルの断熱材を使用しています。
この断熱材はペットボトルなどのリサイクル品です。
フリースと同じように断熱効果も高く、高性能グラスウールと同等の性能があり、チクチクしないのが特徴です。
化学物質も揮発しないため、シックハウス対策にも優れています。

そして、フローリングの施工が始まりました。
2階のチェリーフローリングから施工しています。
このチェリーは色合いが落ち着いていて木目もとても美しく、木のムラも無垢らしい素材感に仕上がっています。

1階にはメープルの幅広フローリングを貼っています。
すでに養生しているため、ほとんど見えませんでしたが、見える部分から全体を想像して一人で喜んでいました。
このメープルは幅が広いタイプで、木目もとても美しいので上質な空間に仕上がりそうです。

異なった床材を使用しているのは空間に合わせてコーディネートし、しかもその時に手に入る材をご提案させて頂いている為です。

無垢材は合板フロアとは違って、常に在庫があるとは限りません。
ですので、今使っている床材も他のお客様が建てられる時には無いこともあります。
他にもいろいろと無垢材特有の欠点などもご理解頂いたうえで使用することをお薦めしています。